畑澤聖悟

2020年12月14日

 

1964年秋田県生まれ。

劇作家・演出家。

劇団「渡辺源四郎商店」主宰。

青森市を本拠地に全国的な演劇活動公演を行っている。

2005年『俺の屍(かばね)を越えていけ』で日本劇作家大会短編戯曲コンクール最優秀賞を受賞。

『親の顔が見たい』が2017年、20世紀フォックスコリアによって映画化。

ラジオドラマの脚本で文化庁芸術祭大賞、ギャラクシー大賞、日本民間放送連盟賞など受賞。

現役高校教諭であり演劇部顧問。指導した演劇部を10回の全国大会(うち最優秀賞3回、優秀賞5回)に導く。